泥洗顔は肌質によって効果が感じられない?泡の作り方でも効果に差が?

更新日:

泥洗顔の泥は、遠い昔から「美容成分」として世界各地域で愛用されてきました。

その効果は「今現在も美容に泥を使用」している事からも分かると思います。

ですがそんな泥洗顔を使用して「肌質によっては効果が感じられない!」なんて口コミがありました・・・。

 

確かに、全ての方に合う「万能な泥洗顔」は無いかもしれません。

とは言え泥洗顔を試そうとお考えの方にとっては由々しき問題です^^;

そこでこの記事では、泥洗顔は本当に肌質によって効果が感じられないのかについて調べてみました。

 

また、記事中盤からは肌質の違いについても分かりやすくまとめてみました。

(※泥洗顔の正しい泡の作り方については記事後半でご紹介しています)

肌の調子が気になる女性

 

泥洗顔は肌質によって効果が感じられない?

実は泥洗顔に含まれる成分には

  • 美肌効果
  • 美白効果
  • 毛穴ケア効果
  • 洗浄効果
  • 保水効果
  • 保湿効果

といったケア効果が期待出来るものが多いんですね^^

ですが肌質の違いによって、成分や効果が「合う合わない」は確かにあります。

とは言え泥洗顔は、肌質によって「効果が無い」訳ではありません。

ただ効果的に使用するなら、ご自身の肌質に合った泥洗顔を選ぶことをおすすめします^^

例えば

  1. 乾燥肌なら「洗浄力は弱めで高い保水・保湿効果」が期待出来る泥洗顔
  2. 敏感肌も基本的には乾燥がメインなので「低刺激・保水・保湿効果」が期待出来る泥洗顔がおすすめ
  3. 脂性肌なら「強い洗浄力」が期待出来る泥洗顔
  4. 混合肌なら「洗浄・保水・保湿」全てがオールマイティーにこなせる泥洗顔

といった感じで、ご自身のお肌の事をしっかりと理解した上で泥洗顔を選ぶことによって、効果的にお肌のケアが可能になるんですね!

 

肌質の違いって何?

そもそも皆さんは「肌質の違い」って、なんの事だかご存知ですか?

中には「よく分からない^^;」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そこで肌質の違いについて分かりやすくまとめてみました。

 

私たちのお肌には

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 脂性肌
  • 混合肌

といった肌質の違いがあるんですね。

ではさっそく1つ1つ見てみましょう。

 

乾燥肌

乾燥肌は「ドライスキン」とも呼ばれる、水分・皮脂・脂分が不足している状態のお肌の事を言います。

例えば、入浴後や洗顔後にお肌が

  1. つっぱる
  2. ごわつく
  3. カサカサする

等の肌トラブルが特徴的なんですね。

特に乾燥しやすいのは

  • 目の周り
  • 口周り
  • フェイスライン

といった、もともと皮脂や脂分の分泌が少ない部位なんですね。

乾燥肌はもともと脂分が少ないですから、洗浄効果の強い泥洗顔はおすすめしません。

洗浄成分よりも「保水・保湿効果」が高い泥洗顔が良いでしょう^^

 

敏感肌

敏感肌には、特に明確な定義はありませんが「お肌のバリア機能」が低下し

  1. 乾燥
  2. かゆみ
  3. 痛み
  4. ひきつり

等の症状が特徴的です。

また、季節の変わり目や冷暖房によっても影響を受けてしまうほど「刺激に弱いお肌」とも言えるでしょう。

季節の変わり目の画像

なので敏感肌には「低刺激」で保水・保湿効果が期待出来る泥洗顔が合っていますよ^^

 

脂性肌

脂性肌(しせいはだ)はオイリースキンとも呼ばれる、言わば乾燥肌の対義語的な存在。

この脂性肌は皮脂の過剰分泌による

  • ニキビ
  • 毛穴詰まり
  • 黒ずみ
  • いちご鼻
  • テカリ

といった肌トラブルが多いんですね^^;

特に毛穴詰まりが酷く、それが原因で「開き毛穴・たるみ毛穴」といった症状も・・・。

(※開き毛穴・たるみ毛穴になると毛穴が広がり、目立ってしまう場合があります)

そんな脂性肌には、強力な洗浄効果がある泥洗顔がおすすめですね^^

高い洗浄効果で毛穴詰まりや角栓を取り除く事によって「開き毛穴やたるみ毛穴」の改善に期待が持てます!

 

混合肌

混合肌は「乾燥肌と脂性肌が混ざった」お肌の事を言います。

例えば額や鼻筋・小鼻の周りといったTゾーンが脂性肌、頬やアゴ・フェイスラインといったUゾーンが乾燥肌。

こんな具合に皮脂の分泌量の差がある部位で肌質が変わってしまうんですね^^;

また、混合肌も季節の変わり目等によって、部位ごとに肌質が変化してしまう方もいます。

つまり混合肌には「洗浄・保水・保湿」全ての効果を併せ持つ泥洗顔が一番合っているかもしれません!

 

泥洗顔の効果的な泡の作り方とは?

泥洗顔は、肌質別に選んで使用した方が効果的と言えます。

ですが泥洗顔の効果的な泡立て方(泡の作り方)を知らなくては、その「効果は半減」してしまうと言っても過言ではありません!

でも「そんなの知らない^^;」方もきっといるでしょう。

そこで「泥洗顔の効果的な泡立て方」についても、お話ししていきたいと思います。

大切なことはたったの2点です。

  1. 水を足し過ぎない
  2. 泡立てネットを活用する

こちらを守って泥洗顔を泡立ててみましょう^^

 

水を足し過ぎない

洗顔時に「洗顔料に水分を足す」方は多いと思います。

もちろん、水を加える事がいけない訳ではありません。

足し過ぎる」のがいけないんですね。

水の画像

ではいったい何故駄目なのかと言うと、「水分が増えると泡のキメが荒くなり、泡立ちが悪くなる」からなんですよ!

泡のキメが悪いとお肌や毛穴に浸透しにくく、皮脂・角栓・脂分といった汚れが落ちづらくなってしまうんですね^^;

なので泥洗顔に限らず、洗顔料には水を足し過ぎてはいけません!

 

泡立てネットを活用する

実は意外と泡立てネットを使わないで泥洗顔を使用している方が多いようなんですね^^;

ですが泥洗顔は、普通の洗顔料と比べ「硬いテクスチャ」の場合がほとんどなんです。

なので泡立てネットを使用しないと、泡立ちがよくないんですね・・・。

ちょっと想像してみて下い。

普通の固形石鹸を「手で泡立てるのとネットで泡立てるの」どちらがより泡立つと思います?

 

そう、ネットを使用した方がよく泡立ちますよね^^

(※よく分からない方は自宅にある石鹸で試してみて下さい)

ですので泥洗顔を使用する際は泡立てネットを用意しましょう。

泡立てネットは、お近くの百円ショップで購入出来るもので充分ですよ^^

 

泥洗顔は男性が使っても効果ある?

泥洗顔って聞くと「女性用?」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は男性でもちゃんと使えます。

最近は男性もスキンケアに力を入れる時代。

少しづつではありますが「男性用泥洗顔」も販売されていますよね^^

幸せなカップル

ですが実は男性用も女性用も泥洗顔の成分に大差はないんですよ!

なので男性が女性用、女性が男性用の泥洗顔を使用しても「効果が無い・半減するといった心配はない」んですね。

とは言え泥洗顔をドラッグストアなどで購入するのは「ちょっと気が引ける」男性もいるかもしれません。

そんな時はインターネット通販でも泥洗顔は購入出来ますから、是非一度試してみてはいかがでしょう^^

 

関連記事

【知らなきゃ効果なし】どろあわわの効果的な使い方と2つのコツとは

くろあわわは効果なし!ニキビが増えたって口コミはマジ!?悪評まとめ

 

-泥洗顔について

Copyright© 【注意喚起】どろあわわの口コミ・悪評!ニキビが増えたってマジ!? , 2018 All Rights Reserved.